大会内容 2017



67回大会
 平成29年の全英連全国英語教育研究大会は新潟県新潟市で開催です。

 北信越地方での開催は、平成24年の石川大会以来。長野新潟の信越2県では初開催です。

 山口大会で配付の資料によれば、大会テーマは以下の通りです。
 『新潟
から世界! 新潟から未来! ~交流・喜び・成長あふれ英語教育の推進~』

 1日目
 日時:平成29年11月22日(水)
 会場:新潟市民芸術文化会館(りゅうとぴあ)

 


 新潟県立羽茂高等学校郷土芸能部の公演が予定されています。
 午前は総会と記念講演です。

 演題 「コミュニケーション能力の育成をめざして ~自律した学習者を育てる~」
 講師 名古屋外国語大学 外国語学部教授 太田光春先生

 午後は授業実演です。
 小学校授業実演(45分)
 授業実演者 新潟市立上所小学校教諭 村上大樹先生
 授業助言者 文教大学教授 金森 強先生

 中学校授業実演(50分)
 授業実演者 新潟市立小針中学校教諭 中川久幸先生
 授業助言者 上智大学教授 和泉伸一先生

 高等学校授業実演(50分)
 授業実演者 新潟県立新発田高等学校教諭 根立 望先生
 授業助言者 名古屋外国語大学教授 太田光春先生

 2日目
 日時:平成28年11月23日(木・

 会場:朱鷺メッセ

 

第一部 9:30~11:00
小学校
11 相手意識をもって、やりとりする児童の育成
12 担任が主体的に取り組む外国語教育を目指して ~長岡市の取り組み~

中学校
13 新潟市中教研英語部の取組 ~地域の英語教師の協働性を 高めるために~
14 「ジャーナル」を活用したライティング指導 ~書くことのfluencyの育成を
  目指して~
15 All in Englishで行う授業の在り方 ~中学校教員と生徒の意識調査を通して~

連携
16 中等教育学校における前期・後期課程連携

高等学校
17 生徒が自己表現活動を楽しむ授業作りと教師の役割
18 運用力と発見力・思考力・創造力を育む英語授業
  ~リテラチャー・サークル,データ駆動型学習,ジャンル準拠ライティングの統合の
  試み
19 授業改善プロジェクト(プロジェクト・スマイル)
20 パフォーマンス課題を取り入れたより良い評価に向けた取り組み
21 Teaching English with Technology: Developing Interactive Learner-centered Activities
22 思考力をアクティブに!主体性を目覚めさせる魅力的な表現活動とその評価方法とは
23 思考力・判断力・表現力の育成を促す能動的なリーディング指導
  ~Information Transferを目指したアクティブ・ラーニング型授業を通して~

第二部 11:20~12:50
小学校
24 目的意識をもち、進んでコミュニケーションを図ろうとする児童の育成
25 仲間と積極的にコミュニケーションを図ろうとする児童の育成
  ~「伝えたい」「聞きたい」という思いを膨らませる外国語活動の工夫~

中学校
26 やりとりを通して自分の考えを伝えることができる生徒の育成
27 生徒がWe can do it !と実感する英語授業
  ~学習・練習・評価タスクの工夫を通して~
  ・ジャンル準拠ライティングの指導と評価
  ・まとまりのある英文を主体的に読む生徒を育てるリーディングタスク活動
28 グローバル社会において、英語で自分の考えを発信できる生徒の育成
  ~留学生との交流を通して~

連携
29 行動目標と共同的指導体制でつなぐ小中の英語教育
  ~7年間を見通したCAN-DOリストとバックワード・ デザインによる指導実践を
  通して~
30 小中高を郷土愛でつなぐ英語教育

高等学校
31 「大学入試」の先にある「英語が使えること」を目指した指導
32 「チームワーク」で英語力を伸ばす!生徒が自律した学習者になるための具体的な
  指導法
33 実業系高校におけるディベート・ディスカッションの取り組み事例
34 思考力と協働力の育て方・測り方
35 Developing Social and Emotional Skills in Harmony with Academic Skills
  through Fostering Teams of Students and Portfolio Assessment
36 思考力を育てるパラグラフ・ライティング指導
  ~クリティカルに物事を捉えながら~

●15、21、35の使用言語は英語です。

トップページにもどる